ウェディングドレスの歴史

ひとつの「ステイタスシンボル」として世界中に広まる

結婚式といえば、昔は白無垢で式を挙げることが一般的でした。その結婚式にチャペルでの式が始まったのはいつからでしょうか。ウェディングドレスを着るようになったのはいつからでしょうか。
そもそも、ウェディングドレスというのは、西洋の発想であり日本で始まったわけではありません。ウェディングドレスの始まりから今日までどのようにして、日本でも着るようになったのでしょうか。そこで、西洋では、ウェディングドレスの歴史は古く、古代エジプトやギリシャなどで始まっています。

当時のウェディングドレスというのは、上層階級で利用されるウェディングドレスというのには派手な色の赤・緑・青などがあり、金や銀系の刺繍をして宝石などもドレスにつけてから結婚式を挙げる傾向がありました。そもそも、ウェディングドレスは白になったのは、どういった事情からでしょうか。
ウェディングドレスが白を利用する人が増えたのは、最初にスコットランドの女王であるメアリースチュアートが城のドレスとベールをつけてから、白のウェディングドレスが一般人にも人気となり始めました。その後、決定的な白のウェディングドレスを一般人が着るようになったのは、イギリスのヴィクトリア女王の影響が強いようです。ヴィクトリア女王は、その当時では珍しく、女性の方から男性へ求婚をして結婚をした人でもあります。その時、ドイツ人のアルバート公にプロポーズしてから結婚に至りました。その時に、ヴィクトリア女王が着用していた白いウェディングドレスで純潔を意味するものでした。
白のウェディングドレスの意味する位、繁栄を意味するオレンジの花を頭に飾ってから、ちいさなコロニアルのようなブーケを持っていました。今までのウエディングドレスとは全く違った、ステイタスシンボルとして世界中に広まっていきました。

ただし、東アジアでは、白は死装束の色として多くの人達から避けられていました。死に着日本に伝わってきたのが、1873年にまで時が過ぎて行きました。それだけでは、ウェディングドレスが世の中に反映してきたのは、白のウェディングドレスです。今までは、あまり派手ではない洋服で、参列される人も多いと思います。
日本で始めて、ウェディングドレスがもてはやされるように出来あがったのが、現在のチャペルでの結婚式となります。女性が結婚式を挙げるときに、競争して白のウェディングドレスを着るようになっています。