結婚式のお車代の扱い方

ささやかでも、ゲストへの配慮が大事

結婚式の時には、近くからの参列者と遠方からの参列者もいまして、いろいろな場所からお祝いに来ていただけます。結婚式の場合、新郎と新婦の実家が離れていたり、それぞれの住んでいる場所が離れているような場合は、新郎と新婦のどちらかが結婚式場より遠い場合は、参列していただいた場合には、お車代というのは渡すことがよくあります。
お車代というのは、普段、新郎新婦と同じ近くから参列していただく場合では考えられないものですが、遠方になるとお車代を出すのが当たり前になっています。お車代を渡すときには気をつけなければいけません。ただ渡せばいいというわけではありません。
相手のこともしっかりと考えてからお渡ししないとゲストの機嫌を損なうことになりかねません。同じゲストでも、お車代を渡された人と渡されていない人と必ずいますので、渡されていない人から不満が出ないようにわからないところで、お車代はスマートに渡さなければいけません。お車代と言ってから渡してしまうと、ほかのゲストから一気に不満が爆発してしまいます。そうならないようにするために、お車代として渡すのではなく。名前を書いて、手紙を渡すように渡すことで、ほかのゲストにはわからないように、お車代を渡すことができます。

あとはゲストに渡すお車代の金額ですが、お渡しするゲスト全員同じ金額をお渡しするようにしたほうがいいと思います。ゲスト間の情報のやりとりはよく行われるもので、ゲストごとに金額が変わってしまいますと、不満が出てきたりして大変なことになります。お車代の扱い方をきっちりしていないと、結婚式だけの問題では済まなくなります。結婚式を終えたあとの生活をしていく上でも影響が出てくる可能性があります。
お車代といっても微々たるお金となりますので、どう考えてもたった少額のお車代と言っておざなりにしていてはいけません。しっかりとお車代を決めて、誰にも不満をもたせにようにしなければいけません。そうすることで、結婚後の夫婦の生活に影響しないようにしなければいけません。

遠方のゲストには、事前にこのことを教えてから確認を取る必要があります。お車代としていくらお渡しするのかや宿泊費はどうするかなどを考えて、事前連絡をしておかなければいけません。事前にというのは、招待状を発送する前にゲストにはお車代のことはきっちりとお知らせしておかなければいけません。そうすることで、スムーズな結婚式をあげることができます。